住宅ローンが払えない。そんなときは

任意売却と自己破産

投稿日:

先日、手がけた任意売却の依頼者様より心温まるお便りをいただきました。

これからまだまだ債務整理があるという
状況にもかかわらず

「打ち合わせ時のお茶代を払わせてほしい。」

という言葉を遮っておりましたのですけれども

逆に気を遣わせてしまいました。

 

彼女は債務超過で自宅を仕方なく売却することになってしまったのですけれども

マンションを売るのも引越すのも嫌だったはず。

90歳を過ぎた父親の介護をしながらの生活でしたので高齢者の引越しは大変です。

いろんなことが
行き詰まりの状況でした。

生活費はカードローンを幾つも借り入れていましたが、

ずっと化粧品もお洋服もを買ってないわ。と話していました。

生活も苦しい状態なのですから住宅ローンが払えなくなるのも仕方ないです。

そんな彼女に

任意売却、自己破産という経緯の中でお手伝いできるのは

不動産の売却、債権者との交渉、弁護士の斡旋、そして一番大事なのは心理的ケアでした。

 

決済の日には泣きながら

「ほっとしました。」
「お会い出来て本当に良かった」

と、
感謝のお言葉をいただきました。

ご紹介してくださった弁護士が法テラスで費用が安くできるということが

一番うれしかったようでしたが、確かに人はわからないことは、とても不安です。

 

このように気持ちが通い合う
ふれあいができた時は

お役に立てて良かった!と心底思います。

これから彼女は自己破産の申請をしますが

払えなかったら自己破産。働けなくなったら生活保護。

と実際には自己破産できない方も多くいらっしゃいますので

専門家にご相談の上、方針を決めた方がよろしいでしょう。

 

 

 

話は変わりますが、
弥生3月は、まだまだ底冷えしますね。

 

花冷えとはよく言ったもので
儚いゆえに美しい桜🌸は
寒さの中でも
見事なまでに綺麗に咲きます。

 

見惚れていると風邪引きそうな季節柄ですが、
時を忘れて眺めている瞬間、
瞑想状態がおきています。

 

テレビをつければ
女性 シェアハウス 銀行 改ざん

騒いでいますが、

巷で騒いでシェアハウスの価値を下げても
良い方にはいきません。

 

 

今夜は桜を見上げながら
考える力を養うには考えない力を養う

と教えていただいたことを思い出しています。

 

お困りごとは相談ください。

-住宅ローンが払えない。そんなときは

Copyright© 住宅ローン返済相談ネット|住宅ローンの返済相談はお任せください , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.