住宅ローンにお悩みですか?

住宅ローンの支払いが厳しくて、払い続ける事が出来るか不安だ

支払いが遅れて、銀行から督促が来ている

銀行から、内容証明郵便を受け取ってどうしていいか分からない

サービサー(債権回収会社)に債権譲渡をしますと伝えられた

競売申し立て予告をされた・・・

アパートを経営しているが、貸借人が退去して家賃が入ってこない

アパートの入居率が悪く、もう物件を処分したい

ワンルームマンションに投資したが家賃保証会社が倒産し家賃の入金がないまま

住宅ローン返済相談ネットへご相談下さい

銀行に返済の相談をしたいが、期日までに払ってほしいの一点張りで話を聞いてもらえない

あなたにとっては一大事であっても、銀行側からしてみれば、単に厄介な相手くらいにしか感じていないことも。いくらお客様の立場に立ってと広告上でうたっていても、担当者がどこまでそういう意識があるかはわかりません。

銀行担当者に不誠実さを感じた場合、どのようにして本気でこちら側のニーズに応えさせればいいのか・・・

私たちには、銀行と折衝するためのノウハウがあります。返済が厳しいと感じている立場で銀行と折衝することはどうしても気後れしてしまうかもしれません。でも、私たちがあなたを、あなたの立場になって強力にバックアップします。そうすることで、あなたは自信をもって銀行と折衝することができます。

銀行へのローン返済が滞り、内容証明郵便を受け取った入金期日と金額が示されているが、期日までに用意する当てがない

このまま放置すると、ローンの打ち切り(分割による支払いの停止=全額返済をもとめられること)、競売の申し立て、もしくは債権回収会社(サービサー)への債権譲渡や、保証会社への債権の移転がなされてしまいます。

一刻の猶予もありません。私たちは、あなたがとるべき最適な方法をお伝えすることができます。

あなたの希望はどこにあるのかを整理して、対応策をお示しします。まだ、あきらめるべきではありません。

銀行ローンが打ち切られ、競売を予告されてしまった。

ローン打ち切りとなったからと言って、そのまま競売を受け入れるしかないと、もうあきらめてしまっていませんか?この状態であっても様々な対処方法があります 。

競売を受け入れるか、自分の意思で自宅を売却するか、売却したうえで同じ自宅に住み続けたいのか、もしくは競売を銀行に取り下げさせたいのか・・・

 

あなたの状況と希望に合わせた、最適な対処方法をご提案します。

住宅ローン返済カウンセリングネットとは、銀行、サービサー出身の、住宅ローン返済に係る様々な問題に対し専門的なスキルを有したプロフェッショナル集団です。あなたが現在抱えている問題を、私たちにお聞かせください。

一般的に、ローンの貸し手である銀行(債権者)に比べ、借り手である個人(債務者)は立場として弱いものと感じてしまいがちです。ローンの滞りが発生した場合、銀行は「借りたものは返すのが当たり前」といった立場で接してくることが多く、借り手である個人は強いストレスを感じてしまうのです。

しかし、そういった立場は実は誤りです。本来貸し手側の銀行と借り手側の個人は、まったくの対等な立場であり、そのうえで、借り手側の固有のそれぞれの事情も充分に考慮されて当たり前なのです。契約があるため、当然に返さなければならないのですが、事情が生じて返せなくなることがあるのも当たり前なのです。少なくとも、銀行が立場が上で、借り手側が下ということはありません。 

私たちと一緒に、強い気持ちをもって、リラックスしてあなたが抱えている問題を解決しましょう。

横浜市在住のAさん

銀行からの電話督促に対し恐怖感を持ってしまい、どうにかしなくてはと思いつつ、何もしないでいました。何をしていいのか誰に相談すべきかもわからず、逃げていたんだと思います。

住宅ローン返済カウンセリングネットのHPをみて、そこからメールによるアドバイスをしてもらいました。銀行に対しどのような方法で話をしていくべきか、なにもしないとどうなってしまうのか、親切丁寧にアドバイスを受けることがで感謝しています。

費用も一切請求されずにです。なによりも、ただ怖がって逃げていた時と比べ、精神的にずいぶん楽になりました。

相模原市在住のBさん

銀行からローン打ち切りといわれ、藁にもすがる思いで相談しました。銀行は競売申し立てをするといってきたのです。

住宅ローン返済カウンセリングネットの対応のスピードにはびっくりです。家を手放したくないことを伝えたところ、自分の現在置かれている状況とこれからでできる対応方法をわかりやすくおしえてくれました。

そのうえでアドバイス通りにやってみた結果、銀行の競売は取り下げられました。

 

横須賀市在住のCさん

 

銀行ローンの支払いが滞り、もう返済が続けていけないと思い自宅の売却を目指していましたが、いつまでたっても希望値で売ることができず、不動産業者を変えても同じ状況で困っていました。

住宅ローン返済カウンセリングネットに相談したところ、まず「本当に売らなければならない状況ですか」と言われたのにまずおどろきました。どの業者さんもそのようなことは一切いいません。実は家を手放すことに躊躇する思いもあったので、みすかされたような気持でした。

今の状況と自分の気持ちをじっくりと棚卸してもらい、結果としては家を売却しましたが、信頼できる業者さんをあっせんしてもらって、費用の負担もほぼなく生活費の捻出まで準備した段取りで納得できる売却ができました。満足感は高いです。

※ 私たちへのご相談は一切無料です。

※ 事業再生に関するコンサルティングは別途費用が発生する場合があります。

住宅ローン返済返済相談ネット

取扱業務

  • 住宅ローンの支払い、投資用案件ローンの支払者の相談
  • 銀行等の債権者との折衝方法のアドバイス
  • 弁護士、税理士、司法書士への対応あっせん
    • あっせんした結果、別途費用が発生する場合があります。
    • 必要な費用の捻出についても状況を考慮し対応します。
  • 不動産任意売却業者への対応あっせん
    • あっせんした結果、別途費用が発生する場合があります。
    • 必要な費用の捻出についても状況を考慮し対応します。

投稿日:2016年11月2日 更新日:

NEW ENTRY

任意売却と自己破産

先日、手がけた任意売却の依頼者様より心温まるお便りをいただきました。 これからまだまだ債務整理があるという 状況にもかかわらず 「打ち合わせ時のお茶代を払わせてほしい。」 という言葉を遮っておりました ...

義理の妹が事業に失敗したんです

住宅ローン返済相談ネットです Sさんに初めてお会いしたのは年末のあわただしい時期でした。 仕事帰りにご自宅のマンション最寄り駅前の コーヒーショップで待ち合わせをし初めてお目にかかったときは 不安そう ...

最近のお問い合わせ事例

競売より任意売却の方が 自分の所有する物件を失うかもしれないという 不安や恐怖は大概が妄想からくるもので 事実は最初から抵当権が設定されていたうえでのマイホームです。 北から南から相談の連絡がきますが ...

ローン保証人の元配偶者の所在が不明であった事例

ローン保証人の元配偶者の所在が不明であった事例 横浜市内の木造一戸建て住宅に居住しているMさん。リストラによる転職 を繰り返すうちに収入は減少し、銀行より借入した住宅ローンの返済を続け ることが難しく ...

闇金事例

~闇金を含めた個人借り入れが増大し住宅ローン返済が困難となった事例~ 相談者Yさんは独身の40代の男性会社員。 横浜駅みなとみらい地区のマンションを購入し住宅ローンを弁済していた。 軽い気持ちで利用し ...

Copyright© 住宅ローン返済相談ネット|住宅ローンの返済相談はお任せください , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.